和菓子の日の由来!6/16には和菓子にこんな願いが込められていた!!

和菓子の日の由来!6/16には和菓子にこんな願いが込められていた!!
スポンサードリンク

昨日は奥さんのダンスレッスンの帰りが
遅くなり駅に迎えに行ったのは午前0時を
越えていたしろやん(@shiroyandesuga1)です。

なので今も眠いですzzz
でも頑張ってこのブログを書いてます(笑。

さてさてそんな6/16の今日は和菓子の日です。
和菓子といえば我が家では高島屋のデパ地下にある
おこじゅをよく食べます。

白あんと黒あんがあって美味しいですよね~。
そうかぁ、だったら6/16におこじゅを食べると
もっとイイことがあるんだなぁ。

スポンサードリンク

そんな和菓子の日が誕生した背景ですが
遡ること西暦848年。この年は嘉祥という
年号に改元した年に由来します。

嘉祥とは文字通り「めでたいしるし」。
6月16日のこの日に、16という数にちなんで
菓子や餅などを神前に供えて無病息災を祈願しました。

なので和菓子の日の由来は、元々この嘉祥の日から
来ているというわけですね。

嘉祥の日は豊臣秀吉も恒例としていた

この嘉祥の日は、歴代の朝廷や幕府などで
神聖な儀として形を変えながらも受け継がれてきました。

たとえば慶長時代にはあの豊臣秀吉も「嘉祥の祝」として
恒例の行事としていたと書物に記されています。

そして嘉祥の日は江戸幕府でも代々、恒例の儀として受け継がれ
明治時代頃まで続いていきます。

明治時代頃からこの嘉祥の日はなくなってしまうのですが
これまでの故事を鑑み、全国和菓子協会が昭和54年6月16日に
和菓子の日として現代に復活させます。

ボクが思うに嘉祥の日として復活させたかったのでしょうが
より親しみやすい、分かりやすいという意味で和菓子という文字を
使ったのだなぁと推測しています。

民間では嘉祥喰として広まっていた

嘉祥時代から民間でも菓子やもちを16個
食べるしきたりがあったそうです。でもきっと
1つのサイズが小さいのでしょうね。

我が家が大好きなおこじゅを16個も
食べるなんてとても無理です(苦笑

あと色々と和菓子の日について
調べていて分かったことの中でも
個人的にイイなぁと思ったのがコレ。

6月16日に収穫した梅の実でつくった梅干しを
旅たちの日に食べると災難を逃れるという話。

この梅は嘉祥の梅と言われたそうです。
さっそく通販にあるのか調べてみましたが
楽天にはなかったです。

あると面白いなぁと思ったのですが・・・
旅行の初日に嘉祥の梅を食べるなんて
思い出になりそうな気がするんですけどね。

あ、でも旅先でそんなことしてくれる
お店があったら立ち寄ってしまうかもしれません。
そんな素敵な意味が6/16にあることが知れて
今回も勉強になりました<(_ _)>

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事