暑中見舞いの日6/15の由来と暑中見舞いの時期を調べてみた!

暑中見舞いの日6/15の由来と暑中見舞いの時期を調べてみた!
スポンサードリンク

今日は朝から国会が騒がしいですね。
新しい法案が可決されたようです。
これからどうなるのか動向を見守るしろやん(@shiroyandesuga1)です。

さてさて今日6/15は新しい法案が成立した以外にも
こんな記念日でもあります。それは暑中見舞いの日です。
その由来は当然ですが郵便局が元になってます。

1950年(昭和25年)の6/15に始めて
郵便局が暑中見舞いはがきを発売し
それにちなんで制定されました。

暑中見舞いは新年の挨拶をする年賀状と同じ
季節の挨拶状ですが、みなさんは暑中見舞い出してますか?
恥ずかしながらボクは一度も出したことが(汗。

イイ機会なのでそんな暑中見舞いはがきのことを
もっとよく勉強してみたいと思います。

スポンサードリンク

暑中見舞いはがきヒストリー

暑中見舞いはがきは1950年6月15日の発売以来
徐々に全国に浸透していきます。そして1986年には
くじ付きの暑中見舞いはがきが発売され
その名称も「かもめ~る」となりました。

このネーミングはボクも知ってます。
良かった(*^^)v

ちなみに「かもめ~る」という名前にしたのは
夏といえば「カモメ」。そしてメールという言葉を
組み合わせた造語です。

さらにカモン!メールという意味合いもあるそうです。
ちょっとダジャレも入ってるんですね(笑

と、いろいろと進化してきた暑中見舞いはがきですが
残暑見舞いという言葉もありますよね?それに対応できるよう
6/1~8/下旬を販売期間に設定しています。

年賀はがきに比べるとまだまだ地名度は低い

さきほど徐々に浸透してきている暑中見舞いはがきと言いましたが
発行枚数を調べてみたところ、年賀状の発行枚数がおよそ32億枚に対して
暑中見舞いはがきはその10%にも満たないおよそ2億7千万枚ということでした。

ただ逆に言うと、年賀状はもう浸透しているものですので
珍しいものではありませんが、暑中見舞いはがきはある意味
サプライズとして送ると受けっ取った人も喜ぶのでは?
とふと思いました。

なので今年はボクもチャレンジしてみようかな?
と今、考えています。

暑中見舞いはがきはいつ出すのがマナー?

そうなるといつのタイミングで暑中見舞いはがきを
出せばイイのか気になりますよね?なので調べてみました。

もともと暑中見舞いはお盆の時期の帰省の際
先祖の霊へお供物をしたり、お世話になった方へ
贈り物をする習慣が簡素化したものとされています。

そして暑中に見舞うワケですから
夏の暑い時期にするのがマナーということが
わかりました。

一般的には夏の暑い時期を指す言葉の期間
この3つの時期であればイイそうです。

・夏の土用~立秋の前日
・小暑~立秋の前日
・梅雨明け~立秋の前日

ポイントは立秋の前日ということですね。
今年2017年の立秋は8月7日ですので
それまでに暑中見舞いはがきを出しましょう。

ちなみに小暑は7/7。
夏の土用は7/25です。

暑中見舞いはがきの書き方

1.季節の挨拶
例1)暑中お見舞い申し上げます
例2)残暑お見舞い申し上げます

2.送る先の安否をたずねる言葉や自分の近況などを綴る
例)昨年にもまして暑さが厳しく感じられますが
どうかお体を大切にお過ごしください。

3.日付
例)2017年7月とか2017年盛夏など

基本的に簡潔に書くのが暑中見舞いのマナーだとか。

あと暑中見舞いはがきはイイのですが
残暑見舞いはがきは9月初旬に届いてもOKだそうです。

が、くじの抽選日が8月中なので
せっかくですから相手にはそれまでに届くように
出すのが礼儀かと思います。

今回も勉強になりました<(_ _)>

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事