席巻の由来がこんな理由だっただと~!!

席巻の由来がこんな理由だっただと~!!
スポンサードリンク

藤井聡太四段の連勝ストップが
今日のスポーツ新聞の見出しを飾るのでは
と思っているしろやん(@shiroyandesuga1)です。

でも連勝を止められた藤井四段も
連勝を止めた佐々木五段も内心は
ホッとしてる部分もあるでしょうね。

これで、また一から仕切り直しということで
将棋を純粋に楽しんで頂けたらと思います。

さてさてそんな今日、気になったのは
席巻(せっけん)という言葉の由来について。

スポンサードリンク

ちなみにボクが席巻という言葉を使うなら
こんな使い方かなと。

例)伝説のロックバンド「ボウイ」は氷室京介の圧倒的な歌声と
布袋寅泰の超絶ギターで当時の日本の音楽界を席巻した。

当時の世代の方ならわかって頂けると思います。
まさにこの表現にピッタリのバンドでした(遠い目

席巻という言葉の意味を考える

それでは「席」と「巻」に分解して
それぞれの意味を考えてみます。

・「席」-むしろ、座る場所などを表す言葉です。
また立ち場を表現するときにも使われます。
たとえば、彼は主席で卒業したという風にも使いますね。

・「巻」-「まく」という意味の言葉。
皮のような薄いものを巻くという意味から来ています。

ここで二つを合わせると
「むしろを巻く」という意味合いになります。

なので、席巻という言葉の意味は
むしろを巻くように領土を端から勢い良く攻め取ること
ということになります。

昔は、場所・領土という意味で用いられてましたが
近年ではボクが使ったように音楽業界とか目に見えないものにも
使われるようになっていますね。

最近、席巻するようなものがあるかなと
考えたのですが奥さんが昨日、表参道で
500人以上の行列を見つけたのがそれかなと。

「ルイ・ヴィトン × シュプリーム」が
コラボしたグッズが販売されるそうなんですが
その行列が凄かったそうです。

これまさに席巻してますよね~。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事