朗読の日の由来は6/19の語呂合わせ?

朗読の日の由来は6/19の語呂合わせ?
スポンサードリンク

今日、車のエンジンをかけ、音声ガイダンスが起動。
すると今日6/19は朗読の日だということを知ったしろやん(@shiroyandesuga1)です。

たしかに朗読するのと黙読するのでは
脳の活性化が全然違うという話は聞いたことがあります。

ましてや自分だけでなく相手に聞かせるというのであれば
ますます脳は汗をかいて活性化するでしょうしね。

今回はそんな朗読の日の由来について
調べてみました。

スポンサードリンク

朗読の日の由来は語呂合わせ

なんとなく予感はしていました(笑。
6(ろう)+10(ど)+9(く)ですもんね。

あ、いま気がついたんですがこの法則でいくと
6/16はロト6の日でもあるんですかね?
今度、調べておきます。

朗読の日を制定したのは?

これはNPO法人の日本朗読文化協会さんが
今から15年前の2002年6月のこの日を
朗読の日と定めました。

今まで知りませんでしたがこの協会の
初代名誉会長は瀬戸内寂聴氏なんですね(汗

昔から「読み書き算盤」といわれ言葉がありますが
これは読むことがまず何よりも大事だという主旨から
来ているそうです。

そういえば学校の授業でも声を出して教科書を
呼んでいたのは中学までだったような気が?
あれはなんででしょうね。

思い起こせば、ボクも本を読むのが大好きな時代がありました。
今はまったくと言って良いほど読みませんが。

その時期はたしかに小学生の頃でした。
あのときは毎週、図書館に行っては7~8冊借りて
それを2日間で読破するという自分なりの計画をたてて
ひたすら本を読みあさっていました。

あれも小学生の授業で声をだして本を読んでいたから?
かもしれませんね。なので今度、久しぶりに声に出して
本を読んでみたいと思います。

紙芝居は究極の朗読?

たしかに読み書きができない頃の子供時代には
紙芝居をとても楽しみにしていました。紙芝居の話を
聴いて自分でも後でその本を探して読み返す・・・
なんてことをした記憶がありますもんね。

そうかぁ、たしかに紙芝居って究極の朗読と
言ってもイイかもしれませんね。今回の朗読の日で
また色々と勉強になりました<(_ _)>

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事