パンカツって八王子ではかなり有名なんだと~!!

パンカツって八王子ではかなり有名なんだと~!!
スポンサードリンク

今日の朝は涼しかったぁ。
思いのほか過ごしやすくて思わず
二度寝をしてしまい焦ったしろやん(@shiroyandesuga1)です。

窓を開けてあるので、猫たちも
風が感じられるところで体を伸ばして
グデ~っとしてます(笑

なんだか微笑ましい光景をみて
癒されてます。

さてさてそんな今日の気になる話題は
パンカツなる食べ物が八王子では有名なのだとか。

ボクは国立に住んでますがパンカツというのは
初めて耳にしました。

スポンサードリンク

画像はトンカツですが
まずこんなイメージを想像しますよね?

トンカツは豚肉をパン粉をつけて揚げたもの。
ハムカツも厚切りハムにパン粉をつけて揚げたもの。
ならばパンカツはパンにパン粉をつけて揚げたもの?
というイメージしか浮かばないのですが・・・・

パンカツは八王子というよりも特定の地域の食文化

調べてみてわかったのですがパンカツは
八王子というよりも横山町にある八幡八雲神社周辺の
食文化として残っているようです。

もともとこの辺りは戦後、闇市があったところ。
当時はカツなんて食べれないから、せめて気分だけでも
味わいたいということからパンカツが誕生したそうです。

ただ屋台ではけっこうな人気を
誇っていたそうですよ。

たしかに屋台にパンカツがあったら
ついつい立ち寄ってしまいそう。
それくらいインパクトありますもんね。

パンカツのレシピにはラードが欠かせない

ボクはパンにパン粉をつけて揚げるのかと
勝手に想像していましたが実際は違いました(汗

【用意するもの】
・食パン2枚
・パン粉
・小麦粉
・大量のラード

この材料で簡単にいえば鉄板焼きみたいな感じで
焼き揚げていくそうです。

【作り方】

パンには水で溶いた小麦粉をつなぎにして
パン粉をまぶします。

十分、熱が入った鉄板にラードを投入して溶かします。
そこに先ほどのパンを投入して揚げ焼きの状態で
パンを焼き揚げていきます。

片面を焼きあげたら、裏返して同じ工程を行います。
このとき再び、ラードを投入するのだとか。

つまりこのレシピにはラードが大量に
必要だということがわかりました。

ラードを使うのは
・肉っぽい甘み
・カラっとした食感

この2点があって初めてパンカツの
醍醐味が味わえるということです。

焼き揚がったら最後にソースを回しかけて完成。
ちなみにパンカツ専用のソースもあるそうです。
ここまで来たら凄いこだわりに感服です。

パンカツで有名なのは「やまと」というお店。
元横山町にあるお店ということなので今度
実際にパンカツを食レポしてみたいと思います(*^^)v

編集後記

たまたま見つけました。
カナブンだと思うのですが
葉っぱに噛みついてます。

これってもしかして擬態?
と思い撮影してみました。

それともただの食いしん坊
なんですかね(苦笑

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事