ネッシーの日の由来が6/9って知ってた?

ネッシーの日の由来が6/9って知ってた?
スポンサードリンク

今日は朝から猫たちがゲボって大変だったんです。
しかもニ匹揃って吐くという・・・(苦笑
朝から掃除が大変だったしろやん(@shiroyandesuga1)です。

さてさて今日6/9はどんな日かというと
あのボク的に最大のミステリーである
ネッシーが初めて目撃されたという日ですね。

このネッシーの日の由来はイギリスの
スコットランドにある巨大な淡水湖のネス湖で
巨大な怪獣が発見されたというのが始まりでした。

スポンサードリンク

それが1933年6月9日なんですね。
ネス湖で発見されたからネッシーというのは
ご存知ですよね。

そういえば日本でも屈斜路湖でネッシーのような
巨大な生物が見つかったという噂からクッシーと
呼んだそうですね。

ボクが住んでいるところの近くにも
狭山湖という湖がありますが、そうなると
さしずめサッシーという未確認生物になるのかな?

あ、でも狭山湖は自然湖ではなく人造湖だから
そういった夢のある話はないかぁ。

話をもどすとこのネス湖でネッシーが
発見されたという騒動以来、大がかりな
ソナー探索が数回実際に行われました。

その際、謎の物体として水中写真が
撮影されているという記述もあります。

ネッシー・・・・
いると思えばいるし、いないと思えばいない
そんな感じなんでしょうかね。

ネス湖のネッシーを捕獲!

そんな衝撃的な記事が1934年4月1日にドイツの
ベルリンにあるIllustrirte Zeitung紙が掲載したそうです。

あのネス湖のネッシーを撮影しただけでなく
なんとネッシーの捕獲にも成功したという内容の記事でした。
これは世紀の大発見!かと思いきや・・・・

さきほどの日付をよ~く見直してみてください。
4/1ですよね?そうなんです。じつは新聞に掲載されたこの記事は
エイプリールフールにちなんだジョーク記事だったんです。

しかし最初にネッシーが発見された1年後の記事ですから
かなり信用してしまった新聞読者もいるんじゃないかと思いますが
欧米ではこの手のネタをエイプリールフールネタとして
掲載することが多かったようです。

それにしてもこの記事で掲載するためにネッシーの
大型模型を作成したり、ネス湖での合成写真を作ったりと
かなり精巧に仕上げた記事なので面白かったです(*^^)v

でも実際、ネッシーっているんですかね~。
なのでまずは一度、ネス湖に行ってみないと
と思うしろやんでした。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事