非常に激しい雨の上にはどんな雨がある?

非常に激しい雨の上にはどんな雨がある?
スポンサードリンク

今日はこれから「りらくる」を予約した
しろやん(@shiroyandesuga1)です。

出掛けていた奥さんからの要望で
急きょ予約しました。夜の7時半からなら
2人入れるとのことで90分コースをば。

でもこれでたしか一人5000円くらいだから
お値打ち価格ですよね。マッサージ中に
寝落ちしてしまいそうですが(笑

さてさてそんな今日の気になる話題は
非常に激しい雨について。

スポンサードリンク

この前、千葉で降った雨とかがそうなのかな?
実家が蘇我でそこは大丈夫だったみたいですが
結構、土砂崩れの恐れのある箇所もありましたもんね。

そこでNHKとかで放送される雨の強さと
降り方を調べてみたらこんなことがわかりました。
非常に激しい雨ってこんなレベルなんですね。

非常に激しい雨だと人が受けるイメージはこう

よく「どしゃ降り」という言葉を使うくらい
大雨が降ることがありますよね?アレと比較すると
非常に激しい雨はそれより2段階強く降るイメージです。

気象庁の表現を使わせてもらうと
滝のように降り、ゴーゴーと降り続く雨のことを
非常に激しい雨と指します。

1時間の雨量でいえば50mmから80mmの雨量です。
これくらいの雨だと傘はまったく役に立ちませんし
水しぶきで周りの視界は極端に悪くなります。

車の運転ははっきり言って危険です。
じゃあ、非常に激しい雨以上の雨ってあるのか
といえば・・・あるんです。

非常に激しい雨より上は「猛烈な雨」

この表現を用いるクラスになると
恐怖を感じるくらいの雨だそうです。
雨量でいうと1時間に80mm以上降る雨ですね。

このときは気象庁からは、大雨警報や大雨注意報でなく
記録的短時間大雨情報という発表が速報でされることも
あるそうです。

ちなみに先週、千葉県で降った雨こそが
猛烈な雨です。

一番の雨量を観測したのは大多喜町だったそうです。
ボクが昔、銀行員時代だった頃、営業で回ってた
地域に近い場所ですね。

大多喜城とかがあって綺麗な町なんですが被害は
どうだったんだろう?

あ、ちなみにボクが勤務してたのは牛久という所。
茨城の牛久とは違いますよ。千葉にも牛久という
場所があるんです。

最近は台風でなくても記録的な大雨が
降りやすくなってるので、こういった情報には
アンテナを高くしておきたいものですね。

編集後記

夕方、家に戻ったら
3匹で出迎えてくれました。

お腹が空いてたんでしょうね。
網戸を突き破りそうな勢いの
手荒い歓迎ぶりでした。

その後、各自、所定の場所で
ご飯をガツガツと食べたあと
満足したのか寝てしまいました(*^^)v

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事