花火の日の由来にはこんなワケが!5月28日と8月1日って説があるのは本当?

花火の日の由来にはこんなワケが!5月28日と8月1日って説があるのは本当?
スポンサードリンク

昨日、奥さんは友達がカラオケに行くお誘いを
断わって帰ってきたんだぞと自慢していました。
それをさすが~!としか言えないしろやん(@shiroyandesuga1)です。

さてさて、今日、5月28日は何の日かご存知ですか?
有名なところだと「花火の日」ですね。

花火の日は5月28日と8月1日も
そうなのでは?という話があるそうですが
どちらも間違いではないみたいです。

スポンサードリンク

それではまず5月28日の花火の日のお話から
行ってみたいと思います。

花火の日の由来【5/28編】

時は遡ること1733年。この時代は亨保18年と呼ばれ
時の将軍、徳川吉宗が江戸を統治していました。

この頃、江戸では大飢饉とコレラの流行と
厄災が続いていたんですね。当時の考えではこれは
悪霊の仕業だと考えられ、その悪霊退散祈願として
隅田川で水神祭りの川開きが行われるようになりました。

このときに打ち上げられた花火は慰霊を兼ねていたんです。
それを記念して花火の日となったわけですね。その後、水神祭りの
川開きが行われる度に花火が打ち上げることが恒例となり今に至ります。

そう!隅田川花火大会のことです。毎年、テレビ中継がされるほど
メジャーな花火大会ですが、もともとは両国の川開きと言われていました。

ちなみに川開きは江戸時代には旧暦の5月28日に行われ、
8月28日まで続く「夕涼み」の初日とされています。

当時から川には屋形船や伝馬船がたくさん出て
川の両岸には大勢の出店が並ぶため、そこに人垣ができて
さらに天空には華やかな花火が打上げられそれは凄い
賑わいを見せていたそうです。

この川開きは戦争で一時、中断することはあったものの
1961年まで続けられました。しかし川開きがお祭り的イベントとして
成長するにつれ、どんどん人が集まるようになり困ったことが起きました。

それが交通渋滞であり、さらには川の汚染などによる
環境悪化です。現代の問題と同じですよね。

そのため惜しまれつつも両国の川開きはその歴史を
一度終えます。

が、中止を惜しんだ住民たちがなんとか復活できないかという
声があがり、その結果1978年(昭和53年)に復活することとなります。

その際、名称も両国の川開きから隅田川花火大会と変更され
花火が打ち上げられる場所も、安全面などを考慮し
より川の上流へと移動したのです。

いずれにしても水辺で行われる祓いや祭りという行事事が
のちに納涼となり、その際、打ち上げられる花火が人気を集めることとなり
自然と観光化したものが今の全国で開催される花火大会というわけですね。

花火の日の由来【8/1編】

こちらは第二次世界大戦後に禁止されていた
花火が解禁されたのが1948年8月1日だったため
この日も花火の日という説もあります。

ですが個人的は5月28日の方が
花火の日にふさわしいなぁと感じています。

花火大会もイルミネーション化?

今の花火は花火だけでなく建物の灯りも
一緒になって楽しめるのでより幻想的、かつ
派手な演出もされるようになってきましたね。

ただ最後はこういう花火に
落ち着くんだろうなぁと思うしろやんでした(*^^)v

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事