堂本剛、151日ぶりに復帰したイベントは?

堂本剛、151日ぶりに復帰したイベントは?
スポンサードリンク

ようやく朝から清々しい
お天気になって嬉しいしろやん(@shiroyandesuga1)

歩いてても気持ちイイですよね。
やっぱり気持ちも晴れるというか。
よし!やってやろうという気持ちになります。

さてさてそんな今日の気になる話題は
堂本剛さんが151日ぶりにステージに
復帰したというお話。

スポンサードリンク

堂本剛さんが151日ぶりに復帰したステージとは?

このイベントは毎年開催されるテレビ朝日の
ドリームフェスティバル2017でのこと。

堂本剛さんは151日ぶりにKinKi Kidsとして
堂本光一さんとステージのトリをつとめ
愛されるより愛したいを含む計8曲を熱唱したんですって。

う~、聴きたかったなぁ。
キンキはカラオケでよ~くお世話になってます。
ボクはよく歌のはフラワーですね。

あとは硝子の少年もかな。
ちょうど音程キーも合ってて
歌いやすいんですよね。

最近のカラオケ曲はキーが高くて
歌えないのが多くて(苦笑
KinKiさんお世話になってます。

まだまだ新曲を出してって
欲しいと思うグループですね。

そんな堂本剛さんが左耳の突発性難聴を
発症してから151日ぶりの復帰ですか。
もう治療は完全に終わったのかというと
そうでもないようで・・・・

ステージ上でもヘッドフォンをしながらの
パフォーマンスだったようでまだまだ治療が
必要なのかなと思ってしまいます。

ここで突発性難聴の治療について考えてみる

調べてみると突発性難聴は、治療により
必ず治る病気というわけではなく
・治る場合
・治らない場合があります。

また発症してから対応が早ければ早いほど
治る確率は高くなります。反対に、突発性難聴が
わからないまま放置しておくと治る見込みが
まずないという厄介な病気です。

しかもこれまでの突発性難聴患者を統計的に
調べてみると、適切な治療を行ったとしても
難聴が完治するのは患者のうちおよそ3分の1。

残り3分の1は改善はするが難聴・耳鳴りなどの
後遺症が残り、残りの3分の1は改善しない。
というデータが出ていると言われています。

さらに手術など外科治療による聴力改善も
現段階の治療技術では望めないという
かなり難しい病気と言えそうです。

ここで話を戻すと堂本剛さんが突発性難聴を
発症してから迅速に対応できたのか?そこに
尽きると思います。

その上で適切な治療をして今回の復帰というので
あれば非常に喜ばしいことなのですが、もし無理をして
ステージに復帰したというのであれば、ここは本人も
辛いでしょうが治療に専念して欲しいなと思います。

編集後記

大雨のなかお昼ご飯を食べに
行ったらどこも満員。外にまで
行列ができるほど。

と、探してたら比較的
行列が少ない五右衛門に
決めました。

家族連れが多かったせいか
意外とはやく座れました。
ホっとひと安心。

そして頼んだのがこれ。
メンズ人気No.1というので
注文してみたらこれが大当たり!

また頼んでみたいと思わせる
一品でした(*^^)v

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事