ボウリングの日の由来が6/22になったのにはこんな理由が!

ボウリングの日の由来が6/22になったのにはこんな理由が!
スポンサードリンク

昨日の大雨が嘘のように
今日は蒸し暑くなりそうで
体調管理が大変だなと思うしろやん(@shiroyandesuga1)です。

今日も上野と恵比寿を営業まわりです。
体力が・・・(苦笑

さてさてそんな今日6/22は何の記念日かというと
ボウリングの日です。一体、どんな由来があるのか
気になるところですよね?なので調べてみました。

スポンサードリンク

ボウリングの日の由来

ボウリングって比較的新しいスポーツというか
余暇と思っていましたがその歴史は意外に古いんです。

じつは1861年ですから年号でいうと文久元年の6/22に
長崎に日本で初めてのボウリング場がオープンしたので
それを記念してボウリングの日と制定されたそうです。

制定したのは社)日本ボウリング場協会で
今から45年前の1972年(昭和47年)というから
ボクが生まれた年の一年前ですね。

やはり江戸時代というと外国からの文化は
長崎から伝わるというのは本当なんですね~。

もっと詳しくいうとこの当時は徳川幕府の
鎖国政策のまっただ中。なのでこの地で貿易を許された
日本人が外国人と交易を図るボウリングサロンとして
利用されていた模様です( ..)φメモメモ

ボウリングの発祥には諸説あるのですが
ボクが面白いと思ったのはコレ。

ボウリングはキリスト教信者の宗教儀式だった

12世紀のヨーロッパ、とくにドイツでは
このボウリングが盛んだったようです。

ピンを邪悪なものに見立ててそれを
ボールで退治する・・・こういう意味が
ボウリングには込められていたとか。

この儀式的なものが次第にゲーム性を強めて
キリスト教信者のみならず一般にも広まっていくことに。

そしてこのボウリングを正式なゲームとして
ルールなどを確立したのがあの宗教改革で有名な
マルチン・ルターなんですって。

ルターは大のボウリング好きだったんですね。
面白いのは当時のボウリングはピンが9本だったこと。

近代ボウリングではピンが10本が当たり前ですが
当時の中世ヨーロッパでは9本が主流だったそうです。

その名残から今でもヨーロッパではピンが9本の
ナインピンボウリングが競技として残っているそうです。

日本でボウリングが広まった頃の豆知識

日本で最初の民間が運営するボウリング場は
昭和27年に神宮外苑の秩父宮ラグビー場に隣接する
東京ボウリングセンターが元祖と言われています。

ただここで一つ涙ぐましい実話が(泣。
当時のボウリング機械はなんと人力。

つまりピンボーイという従業員たちが
倒れたピンを整備するという今では考えれられない
ような涙ぐましい肉体労働によってボウリングは
今日まで支えられて来たんですね。

まさか倒れたピンを人間が元に戻していたとは・・・
普通に考えればボウリング場のレーンって
大きいところだと10本以上ありますよね?

そこに専属のピンボーイがいて一日中
ピンと格闘していたのかと思うと当時を知らない
ボクでも感謝せずにはいられない気持ちになります。

なんだかこんなことを調べていたら
久しぶりにボウリングをしたくなりました(*^^)v

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事