アセタゾラミドって利尿薬はドーピング違反になるの?

アセタゾラミドって利尿薬はドーピング違反になるの?
スポンサードリンク

またまたお義父さんの
妄想が始まってしまい
困惑しているしろやん(@shiroyandesuga1)です。

昔、自分が会社員だった頃の
取引先のことを今と混同しているらしく
その取引先と交渉してくると。

で、どんな会社なの?と聞くと
それはわからない・・・という返事。
これがここ1週間ずっと続いてます(苦笑

はやく次の興味事に関心が
移って欲しいなぁ。

さてさてそんな今日の気になる話題は
アセタゾラミドって利尿薬を知ってますか?

スポンサードリンク

アセタゾラミドって利尿薬があの選手を?

そうなんですね。
先日の平昌五輪で日本人初の
ドーピング検査で陽性反応が出てしまった
斎藤選手からでた薬物がこちら。

本来のアセタゾラミドを使用する目的は
緑内障や、てんかん、高山病の予防などに
用いられるものとして認知されてますが・・・

斎藤選手がどういった経緯でというのが
謎ですが、持病を持っていた可能性も
これで出て来たのかなと。

もしそうであれば、事前に確認してなかった
落ち度はありますよね。

詳細については記者会見の内容を
精査してみないとわかりませんが。

編集後記

先日、高倉町珈琲で食べた
パンケーキ。これ新作なのかな?

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事